想吃担担面(シャンツーダンダンミェン)ユニモール店で感じた唐揚げに対するコンセンサス・ギャップ

今日はユニモールで担々麺でも食べようと、いつも読み方がわからない想吃担担面に足を運んだのよ。
今日は汁有りではなく、汁無し担々麺の気分だったのね。
なので汁無しモードで入店したんだが。
「おっ」と、気になるメニューを発見。

「高料理長の鶏のから揚げ」。ユニモール店限定らしい。
ハーフ担々麺とセットで1200円なのね。
ガッツリ担々麺も啜りたかったけど、まあ唐揚げも食べたことないしこっちにしてみるか。
ってことで注文。

待ってる間「担々麺の粋な楽しみ方」ってのがメニュー表に書かれてたので、覚えることにした。

●できたての担担麺は、香りを楽しみつつ、お箸でかる〜く混ぜて下さい
●心おきなく食べるために、紙エプロンをまとうベシ! ※結構、汁が飛びます
●テーブル上の黒香酢を入れると、辛さがまろやかになります ※目安はレンゲの1/3程度です。
辛さを増したい方は、テーブル上の五香ラー油を足して下さい
食している途中でそれぞれを加え、香りと酸味を変化させながら楽しむのも粋です
※くれぐれも入れすぎには注意!
●汁有り担担麺ならば、ご飯にスープと具をかけて、汁無し担担麺ならば、麺を食べた後にご飯を入れて坦坦飯として楽しめます
●食後に杏仁豆腐やマンゴープリンでさっぱり締めるのが想吃担担面スタイル

名古屋駅周辺に3店舗もあるのね、系列店が。

スパイラルタワーズB1Fの「竜竹」ってのも、同じ担々麺のメニューがあるけど。
ここは割引券の「タンタ」が使えないから、900円かかるんだな〜。
とか思ってると、から揚げとハーフ汁無し担々麺がやってきた。

カリッと一口、から揚げを頬張る。
・・・正直言うと、美味しくなかった。

衣は「カリッと」はしているんだが、それを通り越して「固い」って感じで、いい食感ではない。
そして固いのは衣だけではなく肉もそうで、鶏肉の水分が全く失われて肉汁もほとんど無く、旨味が感じられない。
いろんなから揚げを食べてきたが、個人的にはここのから揚げは・・・これ以上言うのは止めよう。

あと、店員が「から揚げには味が付いているので、タレとかは必要ありません」的なことを言ってたが。
全然味が薄い。肉汁も出てこないからってのもあるし、確かに何かカレー粉みたいなので味付けしてはいるが、パンチが弱すぎる。

と、止めようとか言ってついまた非難しちまったが、だが俺はNa、美味しくなかったら正直に言ってあげるのが優しさだとも思ってる。
やたらめったら非難してるわけじゃねえぞ。
ここの汁無し担々麺は美味しいと思って評価してる。
だが今日は山椒を多めにしちまったから、味がおかしくなってたNa。

シャンツーダンダンミェン その7

帰り際に支払う時、「サンショウ多めって100円も取られるの?」って、驚いちまったZe。
サービスじゃなかったんかい・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly

トップページ(低価格ヒルズ)に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です