学生の時に考えた善と偽善に関する思索と荒唐無稽な貧困問題の解決案

大学の時に書いた日記シリーズ。

2006年05月17日

に書いてる、約12年前かぁ。
この時は感度があったかなぁ。こじらせてるけど、尖ってはいた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先週の金曜「平和学」とかいう、あまり将来につながりそうにもない授業を俺は受けていたんだが、それがなかなか面白くて、思わず聞き入ってしまったぜ。
今朝亡くなった少年を例にとろう。少年は麻疹でなくなった。誰もがみな医者に診せれば癒えることは知っていた。でも両親にはお金がなかった。だから少年は、緩慢で痛みに満ちた死を迎えた。少年は、麻疹で亡くなったのではない。貧困で死んだのだ
フィリピンのミンダオ地区で、女性たちがこう言う。『食べ物が手に入らないときには、子どもたちのためにバナナを茹でてあげる。よくあるケースは、農業局がトウモロコシの種を配布すると、種をまく代わりに料理してしまう』。そして家族は、種を入手するためにお金を借りる。このローンを返せないので、貧困の連鎖が続く」(フィリピン1999年)
ある調査員が聞いた話では、母親が家族を支えるため、子ども一人500ドルで売ったという。もう一人の調査員は、トビリシ中央駅近くで、若い女性が、彼女の子どもを売ろうとしているところを目撃した。通行人に『この子は飢え死にするわ。お金はいらないから、誰かこの子を連れて行って』と言いながら」(グルジア1997年)
これを聞いて、俺はほんとうに心が痛くなって、ものすごい憐憫の念を抱いた。
私たちは毎日朝昼晩、飯を食えることだけ、生きていけることだけでも、感謝すべきであり、世界中のこういう恵まれない人達を救うにはどうすればいいか、考えるべきなのだ!
…なんてな、うそ嘘、日本人でよかった、マジ、僕日本人でよかった!ラッキ~☆
ほんとね、「かわいそう・・・」だとか「恵まれてることに感謝しなきゃいけない・・・」だとか、そういうこと言うやつはマジ、偽善もいいとこ!
ほんと、汚れてるぜ。俺もだけどよ。
ブログとか、知り合いでたまにこういうこと言ってるやつがいるが、ぶっちゃけ真剣に貧困に喘ぐ人のことなんて、全然考えてないでしょ!?
考えたとしても、ほんとすぐ忘れるやつがほとんど!
一過性、一発で終わり、タツノコプロのイッパツマン。
そういうモラリスティックなこと語って、自分の価値を高めようとしているだけ。
人に自分をよくみせようとしてるだけ。無意識だとしてもだ。
しかもそのモラルとかいうのがまるでチンケなもので、全く貧困問題も何も解決しやしねえ。
本当に貧困に喘ぐ人のこと考えてるやつなら、この日本なんて大学卒業とかしたぐらいにとっとと脱出して、NGOとか第一線で働いてるんじゃねえの?もしくは、革新的な政治家を目指すとか?いばらの道だろうけどな。だから、歩むやつなんてのはほとんどいねえ。
「国境なき医師団」だとか、あんまよく知らないがほんとすごいと思うよ。俺が医師免許持ってたら、絶対わざわざ国境渡って「マラリア」だとか「エボラ出血熱」だとか、危険な風土病に満ちた地帯で、医療に携わろうとか思わないね。
医者という地位を利用し、金稼ぎまくったり、女にモテまくったりするプランだわ(笑) 褒められたもんじゃねえが、庶民の俺はそういったチープな幸せしいか思い浮かばねぇ。
「おしゃれなイタリア~ン」だとか「焼肉大好き」とか言って、朝昼晩三食飯を食らい、暇な休日は音楽聴いたり映画見たりと、特に生きるのに必要もない欲望を消費し、自分のうっぷんがたまれば「ブログ」とかいう、マジで生きるために必要もないことをやってそれを晴らしたりしている俺のような、いや、日本にいるやつ、日本にいて普通に働いてる時点で、大体そんなもんだじゃねえのか?
極端に一般化するつもりはねえがよ、例えばそんなやつが、たまに飢餓に喘ぐ人だとか苦しんでいる人を、テレビだとか学校の授業だとか、身近でお手軽なメディアを通じて、目にした時だけ「かわいそ~」だとか「どうしたらいいのかな・・・」だとか、語るのはマジで醜いと思うんですよ俺は!
その行為こそ、本当に第一線でがんばってるNGOの人達とかに失礼じゃねえか!?
チンケなモラルじゃない、本当に信念を持って貧困問題に取り組んでいる人達に対しての”冒涜”。
慈悲深い語り口でヒロイニックな雰囲気を演出してんじゃねえぞ!?
独りよがりてちっぽけなモラルを語る前に、まず、行動している人に「すごいな~私にはできませんよ」と、尊敬の言葉をあげるほうに専念しろ。
てか、どうしようも、しないんだろ?どうもしないんだろ?
なのに何なんだ!?その、「どうにかしなくちゃ・・・」みたいな発言は!
そんなこと言うぐらいなら、「金欲しい」だとか「××したい」だとか、素直な欲望語るやつのほうが、”純粋”ではあるぜ。
「金金金!」とか言ってる強欲な野郎が、がんばって金を得て、「ああ~金だいぶ稼いだから、1億ぐらいどっかに寄付してあげようかな~(俺の名誉のためにも・・・)」って話になって、一億ど~んって寄付した方が、うだうだ言ってるのより、全然貧困問題の一助になるんじゃないのか!?
んで大学在学中によく貧困地区にボランティアとか行く野郎がいるが、「自己満足」で行ってるんだよな?好奇心で行くんだよな?インディージョーンズみたいな。
決して、貧困に喘ぐ人が今どんな状況なのか、そして、救いたい!」なんて、モラル語ってんじゃないの?一回や二回、あんたが貧困地区でボランティアしたぐらいで、救われる問題なのかいな(笑)
それでも、やらないよりは偉いだと?何?どこが偉い!何お前、一回や二回貧困地区でボランティアしたっていう経験だけで、俺より人間的に優れてるみたいに言ってやがる!それ言った時点でアウト!自分の善行を言語化した時点で、自分の価値を高めるっつう、利己的な欲望の表出になるんだよ!他人のためじゃないよね。
いや、まあでも「しない禅よりする偽善」という考え方は共感できる部分もある。ちっぽけでも慈悲の感情を持つ人と、そういう人にうだうだ文句言う人なら、後者に該当する俺の方が邪悪だわな…。
だから最初は、そういうモラリスティックな志を持つのもいいかもしれない。
けど、大学在学中に数回、ういう貧しい地区を訪れたにも関わらず、結局普通にどっか日本の金持ってる企業とかに就職したんじゃあ、その語ってたモラルの「浅さ」が、恥ずかしくならねえか?それならば、始めから素直に「好奇心で貧困地区に行く」って、言うべきじゃないのかい!
だがな、こういう俺の考え方をニヒリズムっていうんかな、「あきらめ」が世の中を支配すると、社会は悪い方向に向かうというのを、誰か偉いおっさんが言ってだぜ。誰だっけ、たしか原発反対運動とか平和運動とかやった高木さんだっけな?んですごい世界的な賞もらった人だわ。
いばらの道を歩きやがった。偉そうに道徳的な理想を語るんだったら、その理想がどれだけいばらに満ちてるか、んでその道をお前は歩けるのか?って、問えよ。
で、無理ならば、軽々しく語るんじゃねえよ。歩けねえのに、自分も考えてます、歩いてますよ~みたいに言うなよ、偽善者が!
俺は無理だぜ。高木さんみたいに、いばらの道は歩けんね。だから俺は、チンケなモラルは語らんよ。「高木さんはすごい」って言うだけ。
高木さんは「『希望の組織化』をしよう」とかいう綺麗言を言いやがった。俺はそういった綺麗事を自分や、身近なやつが言っていると、そこいらの雑草をハーブと間違えて食ったみたいな、気持ちの悪い反吐が出てくるぜ(笑)
なぜなら、綺麗事が汚れるからよ!
綺麗事を語ると、綺麗事が汚れるんだよ!!
俺やお前のちっぽけな器に、何で、壮大な理想を自分にも組み込もうとしているんだ?
入るわけないでしょ?
余裕であふれでる!あふれでてんのに、さも自分の器の中に入ってるように、振舞い尽くす偽善者!
てか、俺や大抵の野郎は利己的なのに、実現しようともしねえくせに、口先だけ、たった数カロリーのエネルギーしか籠もってない安い言葉で、さも「自分もその理想に向かってますよ~」という意思の表明は何なのよ?
だがそういう無理っぽい理想も、高木さんは言ってもいいんだな。が、俺や大抵のやつが言うと「偽善」になる。俺はいばらの道を歩いてないし、歩けない。
俺がもし「『希望の組織化』をしよう」とか言う時は、善良な振る舞いを見せながら、内実は自分のために金を稼いだり地位を築いたりと、利己的な欲望にしかベクトルが向いてない「偽善者」。
だから俺はそういうモラリスティクなことを言ったり聞くのに嫌悪感を抱くし疑うんだが、「あきらめ」もよくないので、貧困問題を解決する一つの作戦を思いついたぞ。
その名も、『WWPP(ワールドワイドピースプロジェクト)』!
仰々しくて、カッコいい名前だろ?(笑)
まず世界各国のNGO集団を終結させて、「船」を作らせるんだ。そしてその集団によって、貧しい人達に「今貧しいのは、先進諸国の商業主義の強欲な野郎共のせいだから、そいつらに面倒みてもらわないかんでしょ。だからこの国を出て、金持ってるやつらに面倒見てもらおうよ!」と、吹き込む。第一陣の目的地は・・・
「日本」!豊かな国よ。
世界六大大陸、ユーラシア・アフリカ・北アメリカ・南アメリカ・オーストラリア・南極大陸の、一番日本に近い先っちょの岬とかに、貧しい人達をNGOによって集結させるのさ。
南極は貧しいとか、そういう次元じゃないと思うが(笑)
とにかく日本に上陸するにおいて、各大陸の、どこから貧困に喘ぐ人々を出発させるかが問題よ。
■ユーラシア大陸
上海とかから出発させればかなり最短ルートで日本に上陸が出来る気がするが、目立ちすぎるし、中東辺りの貧困に喘ぐ民を上海まで誘導すんの面倒くせえだろ?だからインドのカリカットだとか、あの辺に集結させて、出発すればOKよ。
■アフリカ大陸
南アフリカ共和国の「喜望峰」から出発よ!あるいは、日本までの最短ルートなら「ソマリア半島(アフリカの角)」から出発もありかもしれねえが、なんかソマリアとか治安悪そうだからな。よく知らねえけど。
■北アメリカ大陸
サンフランシスコ辺りから進みたいところだが、アラスカ半島に集結させるのよ。そして、北海道からら上陸する!
■南アメリカ大陸
ここは太平洋に面してる側だったら、どこから出発しても日本までの距離は大して変わんねえ感じ。なるべく集めやすい太平洋側のどっか適当な街に集結させればいいと思うね。
■オーストラリア大陸
「ヨーク岬半島」とかいうとがった部分があるが、人もあんま住んでないみたいだから、ここに終結させる!
■南極大陸
ここに飢餓だとか貧困だとかそういう問題じゃねえと思うが、実は、作戦遂行の大きな要所はこの大陸なのだ!
船に乗せれるだけ貧困に喘ぐ人達を乗せ、総勢・・・わかんねえ、まあ第一回目は5億、「5億人」!貧しい人ってのは、世界中の大陸で合計すると5億人とか余裕でいるでしょ。
もちろん、日本人NGO職員だとか、他国のNGO職員も同乗、船操士も同乗させ、日本までのナビゲーションは万全よ。
いざ、出発~
どんどん船は進み、遂に各大陸から何百、何千隻もの船が、日本の領海に侵入間近となる。
日本政府は慌てふためき、海上保安庁職員を集結させました。
そう、「海猿」達を総動員よ!

この映画の主演は伊藤○明で、ヒロインが加藤○いだっけ?
まあとにかく、ここからドラマが生まれる!
日本の領海に侵入してきた貧困に喘ぐ人々、しかし、政府は砲撃命令を出した。
まあ5億人もの人間が日本に上陸したら、日本はめちゃくちゃになるのは目に見えてるからな。
だが、船には日本人のNGO職員も乗っている・・・そして、救いを求める飢えた人々の瞳が、海上保安員達の心を、惑わせる!
撃つのか?何千隻、何億という人々に対し、砲撃をするのか?
い(伊藤○明):「ああ~どうすればいいんだ。けど、俺は海上保安官だ!撃たなきゃダメだ・・・日本の海を守るのは、俺たちしかいないんだ!俺たちが・・・やる(殺る)しかない!!
か(加藤○い):「やめて、撃たないで!・・・
い:「俺たちが、やらなきゃいけねえんだ!5億なんてもの人間が日本に上陸したら、この国は崩壊しちまうんだ!!!
か:「本当に・・・・そうなの?
そう、これよ。本当に、日本が崩壊するかどうかっていうことだ。
5億もの人間が、日本に上陸するとどうなるよ?
だがODAとか発展途上国に対する、一国の国家予算の僅かな援助よりも・・・はるかに莫大な援助、一国まるごとに援助してもらえることが、可能なんじゃねえの?
発展途上国の人々を先進諸国に大移動させるっていう試みは、そういうことなんじゃねえのか?
発展途上国から先進国へ・・・21世紀民族大移動ってやつね。
まさに「地球社会」だとか「世界市民」だとか、ジョン・レノンとかが言ってそうな、現実見てない理想主義が現実になるかもな!
と、別にジョン・レノンの悪口言ってるわけじゃないぜ。

まあとにかくその時、日本にいるやつ全員に国民投票させて、誰が5億人もの民族大移動を許すんだ?

5億も貧しい人が来ちまったら、税金は超絶怒涛に取られるようになり、資本主義だとか商業主義なんて崩壊、金持ちすら貧しくなっていく。
平等社会だとか、そういうの優先させるとな。
いや、5億人もの人間が上陸して、6億超の民をうまく養うシステムなんて、日本のどんな財政政策ほどこしても無理というか、破綻というか、まあ俺は政治なんてよくわかんねえから、もういいんだけどよ。
俺が言いたいのは、こういう時になっても、普段「世界中の人々が幸せになるにはどうすればいいのかな~」とか、「日本人は恵まれすぎだから、それに感謝しなきゃいけないよね・・・」だとかチンケなモラル振り回してるやつらが、貧困の苦しみから日本に来た人達を、「結局は見捨てる」んじゃねえのか?ってことよ。
上陸を許すのか?
という問い、マジ、これを国民投票してやりたいね。
そしたら、判明する・・・!!!
上陸を許すのは、ほんの一部、本当に世界主義だとか地球主義だとか、そういう確固たる信念を持っている人だけ。数%だろうな。
そして利己的な俺や、大半の野郎共は、上陸を許す、わけがねえ!
自分の富、自分の生活が脅かされるんだからな。
普段軽々しくモラリスティックなこと語ってるやつってのは、だから信用できねえんだ。
善を熱く語り、いかにも自分が善人のように振舞っているが、窮地になると、今まで語ってきた善は崩壊、砲撃に投票、自分の富や生活を最優先さ。
ほんと「偽善者」!!
もちろん自分の富や生活を最優先させるのは悪くない、当たり前よ。
俺だって、そっちを優先してしまう小市民さ。
悪いのは、自分の善を「偽った」ことだ!
罪状「偽善」が成立よ(笑)
そもそも「善」ってのは、そう簡単に出来るもんじゃねえだろ?
だから「善」ってのは価値があり立派なもんで、それを偽り侵すのは、法律で定められていないとしても大罪、「原罪」ってやつなんじゃねえの?
「私は善人」と言えるんだったら、砲撃反対に投票出来るのか?
自分の利益や生活を捨て、他人の命を救えるのか?
それが出来てこそ「善人」よ。真の善。あんた、尊敬するよ。
とまあ極端な話をしちまったが、とにかく「偽善は醜い」と言いたかったのよ。
もちろん俺は利己的、砲撃賛成に投票するだろう。
国民投票では、「砲撃賛成」が大多数よ。
そして、遂に・・・
い:「仕方ないんだ。俺達海上保安官は、人の命よりも、日本の海を守らなきゃいけないんだ。日本のみんなの意思を、俺達は背負ってるんだ!
ど~ん(砲撃)
何百、何千隻もの船は、「国のエゴ」、「個人のエゴ」によって、砲撃され、完全破壊されちった(😢)
そして海上保安官達による、破壊された船の回収が始まったぜ。
い:「・・・どういうことだ?船の残骸とか、ゴミとかしかない・・・何で人の死体が見つからないんだ?・・・
フフフ・・・実は海上の船は、全て「おとり」だったのよ!変わり身の術的な。あるいは、幻覚の術!?(無理)
実は・・・

潜水艦

を、南極大陸に集めてたのよ!さすがに南極まで空中警察(?)とかも、目が届かないだろ(笑)
なるべく目立たないように南極から、五大陸に潜水艦を移動させてやった!
んで何百、何千隻もの潜水艦に、貧困に喘ぐ人達が総勢「5億人」!!
海底1000メートルの底から日本に忍び寄り、日本大陸まで後100メートルの地点で一気に浮上!
日本完全包囲、そして、上陸大成功!
サブマリン密〇国!?
と、違う違う、壮大なワールドワイドピースプロジェクトの大成功!!
ヒャッホ~イ!ジャパン♪ジャパン♪(喜ぶ人々)
い:「まじかよ・・・
か:「まあ、いいんじゃないの・・(ハッピーエンド)」
なんてな、馬鹿馬鹿しいぜ。
そもそも潜水艦を何百、何千隻も、南極大陸に用意出来るわけねえじゃん。
潜水艦なんて、べらんぼうに高いこと間違いなし。だからどうせ先進国しか持ってねえだろう。
とりあえず海上保安庁にス〇イとして入って、南極大陸に上手く潜水艦を横流ししてもらわなきゃいけねえな(爆)
あと、俺実はまだ「海猿」見てないから、本当はどんな話かよく知りませんから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly

トップページ(低価格ヒルズ)に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です