コロナ渦だと20時25分関西国際空港発の飛行機で東京の自宅しようとしても山手線から先に進めなくなったけどジョルダンの乗換案内に助けられた

今日は本当に失敗した、新幹線で帰るべきだったかもしれない。
コロナで終電が早くなっていることを想定できていなかった…。

20時25分に関西国際空港を出発したジェットスターは、21時45分に成田空港に着いた。
到着ゲートから離れた場所に着陸したので、バスでゲートまで送迎してもらうことに。
この時点で、22時00分のエアポートバスに乗れなかった。

エアポートバスは事前予約を承っていない、とサイトにあったから。
手ぶらで22時20分のバスに乗ろうとしたら「乗車券がいる」と言われた。
確かに、第3ターミナルから第2ターミナルまで歩いている途中かどこかに、バスの乗車券を販売していた。
自分はそれをスルーしたから、バス停まで行っても「乗車券がないと乗れません」と言われてしまった。
「ICでも乗車できないんですか?」と聞いたけど、ダメだった。
仕方なく、割高になるが京成ライナーを利用して都内まで行くことに。

しかし空港第2ビル駅の京成本線の窓口は、既に行列。
駅員さんに「これは並ばないと、22時33分の京成スカイライナーに乗れませんか?」と尋ねる。
「そうですね、もしくはオンラインで買っていただくことになります」と。

出発6分前、急いで京成スカイライナーのオンライン予約で、楽天ペイで支払おうとして…タッチの差で売り切れ。
この時点で、西武池袋線沿線にある我が家には帰れないことが、決まってしまった思った。

「なんてことだ…22時42分の通勤特急では、池袋までしか行けない…1泊するしかない」と覚悟を決めた。
池袋駅周辺で検索すると、直前プランで3600円の宿があったのは有難い。
しかしそれでも無用の出費なので痛い。
「仕方ないな…」と思いつつ、通勤特急に乗り込む。

コロナ渦でも大きいキャリーバッグを持った乗客が多数乗って、ぎゅうぎゅう詰めの車内。自分もそうだけど、みんな我慢できないよね。
京成成田駅で、結構、降りてくれて、座席に余裕が生まれたのはよかった。

座席でパソコンを触りながら宿を予約。
「今日は池袋で1泊か~明日、仕事なのに」と、車内で落ち込んでいるとき。
ふと、別の検索サイト、ジョルダン乗換案内で検索すると。
「あれ、最終の西武線に乗れる?」ような結果が出てきた。

よくよく検索結果を調べると、わかったことがある。

「Yahoo!路線情報」で検索すると、日暮里駅23時54着の次、池袋駅行きの山手線は、0時10分を案内してるけど。
「ジョルダン 乗換案内」で検索すると、23時54分着の次として、23時58分の池袋行きを案内してくれた。

つまり、ヤフーの方は「4分で京成線のホームから、他社であるJRの山手線のホームまで乗り換えなんてできないよね?だから0時10分の方を案内してあげたのよ」という結果を提示したのに対し。
ジョルダンは「いけいける、4分あれば何とかなるでしょ」という話だ。

なるほど、これなら西武池袋線のコロナ渦における恐らく最終電車、0時18分保谷行きに乗れるぞ…!

公津の杜(こうづのもり)
京成臼井(けいせいうすい)
ユーカリが丘
志津
勝田台
京成大和田 ※京成本線通勤特急に乗っていたのでこの駅は停車しなかった。
京成津田沼 ※ちはら台方面?に乗り換える電車あった。
京成八幡(けいせいやわた)
京成高砂
青砥(あおと)


知らない駅に止まりながら、日暮里駅を目指す。
日暮里駅で4分で、山手線に乗り換えることができれば、23時58分の電車に乗れたら。
西武池袋線の終電に乗れる。

作戦を考えないといけない。
4分で京成線のホームから、山手線のホームを目指す。
まず距離の把握、そして京成線の最適な降車位置の把握だ。
日暮里駅の地図が要る。

JR東日本のホームページにあった。
https://www.jreast.co.jp/estation/stations/1184.html
京成電鉄のホームページにもあった。
https://www.keisei.co.jp/keisei/tetudou/accessj/nippori.php

一般電車専用ホームから、階段かエスカレーターで降りて、一気にJR改札に行く。
そして山手線の11番ホームを目指せばいい。
真っ先に降車する、でないとキャリーバッグを持った人達に行く手を阻まれるかもしれない。

距離は判らない、あきらめるしかない。
4分で、乗り換えしたら、宿代も浮くし、睡眠時間も少しは長めに確保できる。

しかしなんでケチってしまったんだろうか。
ジェットスターは8000円だったが。
新幹線で東京⇔大阪間を移動するとなると、もっとお金がかかるから。
飛行機にしたんだけど。
実際は、東京駅から成田空港までのバス代1000円が余分にかかるし。
南海難波駅から関西空港駅まで930円かかる。
そして20時25分の飛行機に乗ることになったから、なんばとか道頓堀とか心斎橋とか、大阪の中心部に滞在できる時間は18時ぐらいまでが限界なんだよな。
18時25分の南海難波駅発の急行に乗って、19時8分に着いたから。
18時38分の急行で、19時22分着でもよかったんだけど。
でもチェックインゲートは20時25分の30分前、19時55分ぐらいにはくぐっておいた方がいいから。
そうなると19時の前半には関西国際空港の第1ターミナルに着いておく必要があった。

これが新幹線だとどうよ。

のぞみとかは高いから除外して、ぷらっとこだまだ。
18時54分発がある。
https://www.jrtours.co.jp/domestic/tour/Vacancy.aspx
新大阪駅に、18時54分まで行けばいい。

30分か。30分ぐらい、ぷらっとこだまの方が、大阪で滞在時間を長めに楽しめる。
そんで10700円。
この金額、成田空港とか関西国際空港からの交通費も含めて考えると。
1700円ぐらいか、たぶん。
飛行機がお得なのは。

難しいところだがとにかく、20時25分の飛行機だとリスキーであることがわかった。
日暮里駅で4分で、ハラハラしながら乗換しないといけない羽目になることもなかっただろうし。

今度から帰りは、ぷらっとこだまも検討するかな…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly

トップページ(低価格ヒルズ)に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です