友路有ブレンド

赤羽の喫茶店「友路有 (#トゥモロー )」で生産性のない話で花咲かすんだけど、生産性のない話は生産性があるって話

朝からネットサーフィン。「読書感想ブログ 太宰だけが好きだった」っていう人のブログを見かけて#西瓜糖の日々 って本を読みたくなった。

本といえば、先日行った赤羽の#友路有 (#トゥモロー )という喫茶店は、すごくよかった。基本的に#マカー (apple製品愛好者ではなく、マクドナルドに入り浸り100円コーヒーばかり飲んでる#低所得者)の自分は、喫茶店で500円前後のコーヒーを飲むことは滅多にない。んだけど、友達と一緒だったんでさすがに大の大人がマックの100円珈琲で粘るのは興が無いかなと思って、その日はちょっと付き合いで店構えが素敵な喫茶店に入ってみたんだけど、当たりだった。

話したのはどうでもいい話。いわゆる生産性のない話っていうんかな。でも生産性がない話をするのが、リフレッシュだったりする。
平日は常に生産性を求められるから。しんどいんだよな。だから休みの日ぐらいは、仕事の話は抜きにして、ただ生産性のないゴシップだのB級ネタだの怪しい健康情報だのに話を弾ませることが、身体と心を整える生産性のある行為だと思うんですよ。

閑話休題。

#ドヤラー にとってもありがたい。

「携帯電話の充電 パソコンの電源お貸しします」って言ってくれてるからね。
昔ながら喫茶店とか純喫茶とか個人経営の喫茶店だと、何かパソコンで作業とかしてると長居されると思われるのかな、嫌そうな顔するマスターも何かいたような、今まで行った喫茶店の中で、そういった気がしたこともあったんだけど。
ここはそんなことはなさそうね。
#ドヤリング 公認、許容、って感じ。2時間に1回注文しないといけないけど。

店内には所々に本が置いてあって。

友路有図書館
#友路有図書館 ってことで、14日間貸してくれるとか何とか。

トイレに置いてあった本は#志水辰夫 #花ならアザミ、#清水義範 #黄昏のカーニバル、#新井素子 #緑幻想、#村上龍 #ストレンジ・デイズ、#明石散人 #視えずの魚、#佐藤律子 #種まく子供たち、#シドニィ・シェルダン #真夜中は別の顔 …で、店内にもいっぱいある。

「近所に欲しい喫茶店だな~」と、写真を整理しながら、何か音楽でも聴こうと思ってパソコン触ってると。「music talking (joey negro instrumental)」って曲がフォルダにあった。久しぶりに聞くと「懐かし~」って感じで、思い出した。#プルースト現象 みたいな洒落乙なマドレーヌとかじゃないけど、mp3の音源で思い出したね。

この曲は10年ぐらい前、#関西国際空港 から南海電車に乗って難波に戻る道中で知った。楽しかった#カンボジア旅行 も終わって、「はぁ、明日から仕事か…」と、陰鬱な気分だったんだけど。それに相反して天気はすごい快晴で、#特急ラピート の大きな窓からは陽光が差し込んで、何か日光浴してるみたいに眠くなってきて。その時、ちょうど http://djsurfista.blogspot.com/2009/05/dj-surfista-sounds-of-vacation.html (DJ SURFISTA – SOUNDS OF VACATION)っていう海外サイトに#djmix みたいなのがアップされてたから、何となく聴いていたのよ。
まどろみの中で、BGM的な感じで聴いてただけ、だったんだけど。
djmixの終盤「The Montanas & DJ Roland Clark – Music Talking (Joey Negro Instrumental)」で、一気に覚醒した。「なんだこの曲?」って感じで、鳥肌が立った。疾走感あふれる機械的な打ち込みのビートの中に生演奏のようなストリングスが絡まって、すごい緩急っていうか、ダイナミックなインストだった。ラピートの窓からの光と、眠気と、音楽の、三位一体で別世界のvacationに没入していく感覚を味わって、気持ちよかったな何か。

野外フェスじゃなけど、外で音楽を聴くからこそ味わえる気持ち良さってのはあるよね。

#赤羽の喫茶店 #musictalking #joeynegro

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly

トップページ(低価格ヒルズ)に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です